2011年5月アーカイブ

CoCo壱番屋

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

日本人の皆さんおなじみのCoCo壱番屋。カレーのチェーン店ですね。

今週日本に帰国する友達のお別れ会があり、昨日初めてそこに行きました。

日本では子供の頃何度か行ったことがあった気もしますが、タイでは初めてです。

 

日本のCoCo壱はいわばカレーのファーストフード店?のイメージ。

それがタイではハイソの行くオシャレスポットです。

昨日行ったのはエスプラナード店だったのですが、すごく綺麗な店内でした。

窓側の席に通され、まわりはカップルもちらほら。

日本では初デートでCoCo壱は・・・ ちょっとないのではないでしょうか。。笑

でも、すばらしいと思います。マーケティングの力ですね!

エスプラナードの他にもサイアムパラゴンなどオシャレな場所に店舗を広げているCoCo壱。

タイ人から大人気です。

 

昨日私が頼んだのはオムレツカレー。

とろとろ卵のオムライスのまわりを、美味しいカレーが囲んでいます。

この前行ったナナのインド人街でのカレーもとても美味しかったのですが

やっぱり日本式カレーもいいですねーーーーーーーーーー!!

オムライスもカレーも久しぶりでまた感動してしまいました。

 

お母さんのカレーが恋しくなりました。

カレーはやっぱり日本食です。

福神漬けまであり、美味しかった!!!!

 

自分でもいいのでカレーが作りたいです。

タイは大好きです。一生住みたいくらい最高の場所だと思っています。

しかし、それに加えてたまに自炊ができて日本食が作れたら・・・・!!

もう怖いものなしの天国ですね。

 

coco_ichi1_mainimg1_mainimg.jpg

  ↑こちらはトンカツチーズカレー。

 メニュー豊富なCoCo壱番屋。トッピングも選べます。

 

ギャル男@バンコク

こんにちは、TLSバンコク校からお届けします。

先日、私のアパートの隣の部屋に新しい住人がやってきました。

それも日本人です。

見た目はまさに・・・ ギャル男です!!笑

 

私のアパートはけっこうしっかりした造りになっている為、普段はそんなに隣の部屋の物音は聞こえません。

しかし、私は1人暮らしのためどうしても部屋にいると静かです。(誰とも話せない)

たまにテレビもエアコンもつけずじっとしていると、隣の部屋の声が聞こえてきます。

話し方はまさに・・・  ギャル男です!!笑

 

バンコクに住んでいて、あまり日本人の男性と交流することはなく、ましてやギャル男など滅多にお目にかかれなかった私。

普通、日本人はタイに住むと多かれ少なかれ見た目が変わります。

人によってはタイに染まりラフな格好に、人によっては若くなったり。

とにかく東京で歩いている時とは少し変わっていくと思います。

 

しかし、彼は すごい!!

渋谷のギャル男をそのまま飛行機に乗せてタイに連れてきた感じです。

ホスト系?の髪型に、襟をたてたシャツ、そして胸にはサングラス・・

バンコクでその格好で昼間から歩くにはけっこうな度胸がいると思います。

 

そして、類は友をを呼ぶようです。

どこから見つけたのか、似たようなギャル男の日本人友達を毎日部屋に招いて、毎晩大きな笑い声が響いています。

そんな時はテレビをつけ、タイ語ニュースの音声を大きくして、「ここはタイなんだ!」と自分に言い聞かせる私。

そうでないと渋谷にいる気分・・・(言いすぎですか)

 

しかし、日本独特のあのようなファッション、喋り方、少し懐かしくもあります。

彼らは私と同い歳か、少し若そうなので、思う存分タイを満喫すれば良いと思います。

私もタイに大学留学した当初はそうでした。

タイ人の友達に初めて遊ぼうと誘われ、制服以外の姿を見せるチャンス!と張り切って完璧なコーディネートで外出。

待ち合わせ場所では、Tシャツ短パンのラフな姿で友達が待っていました。

私のように昼間からGジャンやカラーパンツの人はいなく、「暑いのに平気?」と笑われてしまいました。

 

今はタイ人ファッションになった私。

もちろん、TPOをわきまえて日本の時と同じ格好してお出掛けすることもあります!

しかし、タイに長く住んでいると、タイで着ていて心地よい服、まわりから浮かない服が分かってきます。

 

私のお隣さんのギャル男くん、この先、どんな変化を遂げてくれるのでしょうか。

そのうちタイ人と同じようなファッションになるのでしょうか。

今からとても楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1に語学。2に語学。

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

最近、本当に思います。

語学はしゃべれなければ意味がないんだなぁーと。。

暗い内容の日記ではないです。笑
しゃべれて良かったと喜んでいる時も多いのですが。

私は今タイ語学校のテキストはレベル8を使っています。
もちろん、レベル1の時より語彙も増え、文字も読めるようになり、とても嬉しく思います。

しかし、どんなに難しい文が読めるようになっても、簡単な言葉を忘れていってしまっては意味がありません。
タイ人の友達に話しかけられた時、答えられなければ意味がありません。
答えられなければ、習ってないのと同じです。
逆に、レベル1の教科書を使っていても答えられたら、その人の方が話せるというわけです。

つまり、教科書のレベルや検定の級はあまり関係ないと思っています。
その場で使えるかどうか。
だから発音も大事です。
難しい言葉を詰め込んでも、タイ人の前で披露したとき、首を傾げられている人がけっこういます。
私も初心を忘れず頑張らないといけないと思います。

逆に英語。
私は今はもう学生ではないので、長文の英語の文にお目にかかる機会がへりました。
もし今TOEICなどのテストをうけたら、ピークの時よりは下がっているかもしれません。

でも、今の方がしゃべれる自信があります。
先月、大学時代に出会った外国人の友達に久しぶりに会う機会がありました。
3分話しただけで、前より英語がすごく上手くなったねと言われました。
タイに住んでいるのに英語が上達・・・。笑

でも、良いことです。
私がどんなにすばらしい知識をもっていても、難しい本が読めても、
それを伝えられなければ意味がないのですから。

私が目指しているのは、タイ人と間違われるタイ語やネイティブのアメリカ人英語ではありません。

通じればいいんです。

レベルを自分で下げているわけではありません。
今、タイに住んでいろいろな国のタイ語学習中の人を見ました。
良いお手本もいるし、あまり良くないお手本の人もいます。


私は、しゃべった時、通じる人になりたいです。

「外国語の文法完璧でどんな難しい本も読める語学博士」

 より

「外国語で自分の考えをしゃべった時に相手に100%理解してもらえる」

人になりたいです。








私の美容師さん

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

最近、悲しいことがありました。

タイに来たときからお世話になっている、日系の美容院の日本人美容師さんがお店を辞めてしまったのです。

やはりタイなのでそれも突然。
いつものようにカット予約の電話を入れたら「~さんは辞めましたよー。」という感じです。

その美容師さんのカットは本当にお気に入りでした。
例え前髪カットだけの時も、どんな時でも丁寧に希望通りに仕上げてくれます。

タイに住んでいる私。化粧品や服などは基本タイのものを購入します。
しかし、やはりあの美容師さんに髪だけは切っていただきたい。

メイクは自分でできるし、服だって自分が安可愛いの探せばいい。
でも、髪を切るのだけは自分じゃ無理なんです!!

最近忙しくて美容院に行く時間がなくて、かなり長くなった私の髪。
前髪などもうかなり長いので、今日にでも切りたかったのに、そこでの「辞めました」宣言。

でも、他の現地美容院で切る気はありません。
あの美容師さんに切ってもらいたくて、今まで切るのを待っていたんです。
そこで私は食いつきました。
「~さん(日本人美容師さん)の電話番号を教えていただけますか?」と。
そして見事電話番号をゲット!

後日、迷惑でない時間を見計らって、電話をかけてみました。
・・・・応答がありません。そこで、メールをしました。
1日たっても返信がありません。

その間も私の前髪は長く伸び、毎日私の目を隠します。
そこで直接お店に行ってみることに。

お店に行くと、先日電話で応答したのと違うスタッフが対応してくれました。
前のスタッフと違い、英語も話せるし親切な感じです。
話を聞くと、私の担当の日本人美容師さんは、独立してバンコク内にお店を出したのだと。
良かったです!日本に帰国してしまったのではないようです!!

しかし、お店の住所は全く分からないとのこと・・・。そんな。。。

しかしバンコク内の新しい美容院にいることは確実です。
もう1軒1軒歩いてでも探そうと決意しました。


そんなある日、インターネットのとあるタイブログで、バンコクにできた新しい美容院が紹介されているのを見つけました。
そこに掲載されていた写真の中には・・・ あの美容師さんの姿がありました。

その後すぐ予約した私。
お店の場所は、バンコクの一等地にありました。さすがですね。
美容師さんに直接会ってお話を聞くと、教えてもらった携帯の電話番号が間違っていることが発覚。
あのタイ人スタッフめ・・・・ 怒

話をしているうちに、私の友達のカットもしてあげていることも判明。
いやぁ、バンコクの日本人社会は狭いですね。
美容師さんは、「もう独立してお店を出してしまったから、日本には帰らないよ」と言っていました。

満足通りのカットにしてもらい、久々に軽い頭で店を出ました。
久しぶりに視野が明るいです。

○○さん、あなたがバンコクにいる限り、私もこれからもバンコクで暮らせそうです。
本当にそれくらい大事な美容師さんです。

これからも、ずっとタイにいてくれるよう、どうぞよろしくお願い致します。笑





タイスキ@my room

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

最近、自炊にハマっています。

私の部屋はキッチンも台所もありません。冷蔵庫もないんです。

そんな私でもできる料理があります。

それは・・・・  タイスキ!!

部屋には鍋があります。温熱プレートもあります。

①まずは買い物に行きましょう。
 必要なもの。 お好みで。
 豚肉スライス、白菜、チンゲン菜、キクラゲ、えのき、海老、春雨などなど
 そして忘れてはいけないのはスープの素とスキ専用の赤いソースです。
 ご飯と食べたい人は近くの屋台でご飯だけ買いましょう。
 私はスキの時はご飯は食べず、最後にラーメンなどを入れる派です。

②材料を洗って切りましょう。
 簡単でいいです。キレイに切らなくても自分が食べられる大きさにすればいいのです。
 
③お湯を沸かして準備完了!
 水を鍋に入れスイッチオン!数分でお湯が沸くのでそうしたらスープの素を入れましょう。
 溶けたら、火がとおりにくいものからどんどん鍋に入れましょう。

④数分待って、完成。
 火がとおったのを確認していただきます☆


最近は毎日これです。
慣れると、ほんの数分でできますし、なにより外の屋台では不足しがちな野菜がいっぱい食べられます。
市販のスキ専用ソースも種類豊富に売っていますし、本当に美味しいです。

MKというタイの有名なスキチェーン店をご存知ですか?
私の大のお気に入りです。
しかし、毎日あそこで食べるとなるとちょっとお高い。。。
正直、スキは自分でお湯に材料を入れて食べるだけなので、料理人の腕は関係ありません。
自分で作ればいいんです!

ということで、最近はよく自炊をします。
同じアパートの友達を呼んで、家でスキを作って食べさせてあげることもよくします。
皆喜んでくれるし、こちらも嬉しい。

昨年からずっとタイで一人暮らしで、ほぼ毎日外食の一品料理だった為、
誰かと家の中で一つの鍋を囲んで食べるのが、なんだかものすごく幸せです。

これからも1日1食くらいは、おうちでご飯もいいなと思います。


スキ.jpg

注: これはおうちでなくMKレストランのスキです。

パタヤ

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

先日、友達に誘われ、久しぶりに海に行ってきました。
タイ人の友達5人と、1泊2日の強行スケジュールです。

金曜の夜、皆が仕事が終わりしだい8時に集合。
案の定、タイ人タイムということで、出発は9時半になりましたが。マイペンライ!

パタヤまでは車で2時間ちょっとです。
しかし、その日のタイ人の友達の趣味は車。お金持ちちゃんです。
自慢のレーシングカーでとばします。
「運転中は寝ててもいいからナー」という友達。
とばしすぎて怖くて寝れませんから!

結局1時間ちょっとで到着してしまいました。

パタヤは今回で3回目です。
前の2回は4年前。1回目は大学の先輩達と、2回目は韓国人の友達と来ました。

4年ぶりのパタヤは、前より少しキレイになっていました。
前はどちらかというと、少し黒い街のイメージがあったのですが。
今もネオン街は健在ですが、他にもオシャレなデパートや多国籍料理のレストランがどんどん増え、ちょっぴりスタイリッシュな街に変身!!
前は西洋人観光客ばかりでしたが、今はアジア人もかなり増えていました。

さて、ホテルに荷物をおき、友達のオススメの海近くのバーへ。
夜景を見ながら優雅にカクテル。。。。 のはずが、

この後は、一緒にいた友達の1人と、バーに居合わせたオカマちゃんがケンカをして、大変だった記憶しかありません。


~なので次の日~

朝ご飯はパス!!
ここまで来てホテルでパンを食べてちゃ意味ないでしょう!

皆で向かうはシーフードレストラン!
パタヤの繁華街をぬけて、落ち着いた人が少ないレストランへ。

正直パタヤでは海のキレイさなどは期待してなかったのですが、とても眺めの良いレストランでした。
この日は晴天!!おかげで携帯だけでもこんな写真が撮れました。

230632_2042527700982_1178014782_32491016_3809600_n.jpg


料理は期待以上。
エビとカニだらけのテーブルで、一番美味しかったのはやはりプーパッポンカリーでした。


美味しく食べた後は友達の親が所有のリゾートホテルへ。
そこでは、部屋の床がガラスのシースルーで、下に水が見えます。
まるで、海の中にいるような気分が味わえます。
部屋を出るとまわりはすべてプール!!
あまりの綺麗さに、いつか結婚したら新婚旅行でここに泊まりたいとさえ思ってしまったほど!

しかし、ここに泊まるのは私にはもったいなすぎます。
現実に戻り、友達と皆でバンコクへ。
帰りの車は、相変わらず猛スピードでとばされましたが、皆爆睡でした。

1泊2日の強行スケジュールでしたが、行って良かったです。

お金持ちの自慢のような日記になってしまいましたが・・・

ちなみに私は一銭も払っていません。笑

優しい友達を持てたことに、感謝です♪











最後の授業

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

今日のタイトルは、「最後の授業」です。
先に言っておきますと、これは、私のタイ語の学校の話ではありません。

先日は、私が留学生として在籍していたタイの大学の学年の最後の授業だったのです。

4年前、私は皆が1年生で入学したのと同時に入学しました。
私は1年間しか在籍していませんでしたが、友達は皆そこで勉強を続けています。
その同級生達が皆、今日の授業を最後に、もう集まることはなくなってしまうのです。

そんなとき、友達からメールでお呼びがかかり、私も最後の授業を参観することになりました。
もうここの学生ではないのですが。 制服も着ていないのですが。

しかし、ラッキーなことに最後の授業の教授は、私が4年前授業を受けたことがある人です。
おかげで、制服を着ていない私がクラスに参加していても、特に何も言われずにすみました。

クラスメイトは4年前に比べると、かなり人数が減っていました。
インターナショナル学科なのですが、中国人留学生はほとんどが帰国していました。
しかし、懐かしい顔ぶれです。

最後の授業は、国際貿易法のグループごとのプレゼンテーション発表です。

4年前

「Where did u go?」という私の言葉さえ理解してくれなかったタイ人の友達

英語の訛りが強くて、正直何を言っているか毎回よく分からなかったベトナム人の友達

発表の時、下のカンペを棒読みしていた中国人の友達

           (・・・これだけだと変な生徒ばかりだったように聞こえますね。笑)



皆、それぞれ、すごく成長していました。

最後の授業の皆のプレゼンテーションは、当日飛び入り参加の私から見てもすごく興味深く、各グループが自分達の考えを自信を持って発表していました。

私は、この4年間でどれだけ成長したのだろうか。まわりからはどう見られているのだろう。

しかし、ここの大学に在籍していた1年間で、私は多くのものを得たと思っています。

同じ学科の唯一の日本人のお友達。 奈良県出身のTちゃん。

入学当初は、タイに染まりたかった私。わざわざ日本人がいなそうな大学を選んだのに、同じクラスに日本人が1人いることがちょっとショックでした。

しかし仲良くなってみると、気が合いました。
2人とも根は真面目で授業中は良いライバル、放課後は積極的に行事などに参加し、おかげで学年を超えてたくさん友達ができました。
2人で学科のオリエンテーションを自ら企画・主催したこともあります。

今では、私のタイ生活に彼女がいてくれて、本当に良かったと思います。

また、まだまだ歴史が浅い私の大学のインターナショナル学科に、初めての日本人留学生達として、良い意味で2人で影響できたのではないかと思っています。

タイ人生徒達が授業開始10分後に集まるのが普通でも、私達は必ず時間通りに座っていましたし、
先生の話もちゃんとあいづちを打ちながら聞いていました。
(日本人からみたら当たり前のことだと言われるでしょう。。。。笑)

私も彼女も日本人女子にしては珍しく、自分の意見はハッキリ言う方です。
私達が組んだプレゼンテーションがクラスでよく最高点をとったり、良い意味でクラスの雰囲気を高めることができたのでは、と自負しています。
また、クラスメイトの「日本人=大人しい」のイメージも、少し変わったかな?笑

そんな彼女も、そして友達達も。 皆今日で最後です。
次会う時は半年後の卒業式だけでしょうか。
もうこのクラスには集まれません。制服姿も見納めです。

クラスに座っていると、同級生がたくさん声をかけてくれました。
休み時間には、4年前のように一緒に果物を買いに行きました。

授業が終わったのは、予定終了時刻の45分後。
やっぱりタイらしいな。

最後に皆と先生と、写真を撮りました。

この大学での素晴らしい1年があったから、私はまたタイに戻ってきたいと思い、今に至るのです。

同級生の皆、たくさんの思い出をありがとう。

次は卒業式で会えるのを、楽しみにしています。

225436_2040395287673_1178014782_32488131_1263271_n.jpg