タイ料理の最近のブログ記事

CoCo壱番屋

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

日本人の皆さんおなじみのCoCo壱番屋。カレーのチェーン店ですね。

今週日本に帰国する友達のお別れ会があり、昨日初めてそこに行きました。

日本では子供の頃何度か行ったことがあった気もしますが、タイでは初めてです。

 

日本のCoCo壱はいわばカレーのファーストフード店?のイメージ。

それがタイではハイソの行くオシャレスポットです。

昨日行ったのはエスプラナード店だったのですが、すごく綺麗な店内でした。

窓側の席に通され、まわりはカップルもちらほら。

日本では初デートでCoCo壱は・・・ ちょっとないのではないでしょうか。。笑

でも、すばらしいと思います。マーケティングの力ですね!

エスプラナードの他にもサイアムパラゴンなどオシャレな場所に店舗を広げているCoCo壱。

タイ人から大人気です。

 

昨日私が頼んだのはオムレツカレー。

とろとろ卵のオムライスのまわりを、美味しいカレーが囲んでいます。

この前行ったナナのインド人街でのカレーもとても美味しかったのですが

やっぱり日本式カレーもいいですねーーーーーーーーーー!!

オムライスもカレーも久しぶりでまた感動してしまいました。

 

お母さんのカレーが恋しくなりました。

カレーはやっぱり日本食です。

福神漬けまであり、美味しかった!!!!

 

自分でもいいのでカレーが作りたいです。

タイは大好きです。一生住みたいくらい最高の場所だと思っています。

しかし、それに加えてたまに自炊ができて日本食が作れたら・・・・!!

もう怖いものなしの天国ですね。

 

coco_ichi1_mainimg1_mainimg.jpg

  ↑こちらはトンカツチーズカレー。

 メニュー豊富なCoCo壱番屋。トッピングも選べます。

 

タイスキ@my room

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

最近、自炊にハマっています。

私の部屋はキッチンも台所もありません。冷蔵庫もないんです。

そんな私でもできる料理があります。

それは・・・・  タイスキ!!

部屋には鍋があります。温熱プレートもあります。

①まずは買い物に行きましょう。
 必要なもの。 お好みで。
 豚肉スライス、白菜、チンゲン菜、キクラゲ、えのき、海老、春雨などなど
 そして忘れてはいけないのはスープの素とスキ専用の赤いソースです。
 ご飯と食べたい人は近くの屋台でご飯だけ買いましょう。
 私はスキの時はご飯は食べず、最後にラーメンなどを入れる派です。

②材料を洗って切りましょう。
 簡単でいいです。キレイに切らなくても自分が食べられる大きさにすればいいのです。
 
③お湯を沸かして準備完了!
 水を鍋に入れスイッチオン!数分でお湯が沸くのでそうしたらスープの素を入れましょう。
 溶けたら、火がとおりにくいものからどんどん鍋に入れましょう。

④数分待って、完成。
 火がとおったのを確認していただきます☆


最近は毎日これです。
慣れると、ほんの数分でできますし、なにより外の屋台では不足しがちな野菜がいっぱい食べられます。
市販のスキ専用ソースも種類豊富に売っていますし、本当に美味しいです。

MKというタイの有名なスキチェーン店をご存知ですか?
私の大のお気に入りです。
しかし、毎日あそこで食べるとなるとちょっとお高い。。。
正直、スキは自分でお湯に材料を入れて食べるだけなので、料理人の腕は関係ありません。
自分で作ればいいんです!

ということで、最近はよく自炊をします。
同じアパートの友達を呼んで、家でスキを作って食べさせてあげることもよくします。
皆喜んでくれるし、こちらも嬉しい。

昨年からずっとタイで一人暮らしで、ほぼ毎日外食の一品料理だった為、
誰かと家の中で一つの鍋を囲んで食べるのが、なんだかものすごく幸せです。

これからも1日1食くらいは、おうちでご飯もいいなと思います。


スキ.jpg

注: これはおうちでなくMKレストランのスキです。

ナムターフー

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

以前何度かシーロムについてお話しました。
お昼時間の活気あるビジネス街のシーロム、そして一晩中眠らない街シーロム、
しかし、朝のシーロムも負けてはいません。

朝は、通勤ラッシュの忙しい街へと変わります。
シーロム通りは人、人、人。。。

しかし、私は朝時間のシーロムも大好きです。
なぜでしょうか?
たくさんの出店が出ているからです!!

通勤する人が多く行き交うシーロム通り。
タイ人は朝、必ずオフィスに何かしら食べ物や飲み物を持っていきます。
それをターゲットにした出店の多いこと!
むしろお昼時間よりも種類は豊富です。

サンドイッチにコーヒー、生絞りジュース、果物に焼き鳥、お惣菜に揚げパン。。。
これらすべて屋台です。

ここで私のオススメを紹介しましょう。
美味しい物はたくさんあるけれど、一番はやっぱり屋台の豆乳です。
タイ語で「ナムターフー」と言います。

以前から、健康のため毎日豆乳を買って飲むようにしていた私。
だいたいコンビニで15バーツくらいで買えます。
しかしまぁ、甘いこと・・・。甘くないのを選んでも、日本の豆乳の倍甘いです。

しかしシーロムの屋台で見つけた豆乳。袋にたっぷりと入って温かいです。
しかも、黒い豆乳(黒ゴマ入り?)や緑の豆乳(抹茶味?)など種類も豊富です。
何より、市販に比べて全然甘くない!しかも温かい!
オフィスで、温かい豆乳をカップに移し変えて飲んでいると、朝からすごく体に良いものを飲んでいる気分になれます。
満足。満足。イソフラボンたっぷり!

これでたったの5バーツです。

せっかくタイにいるのだから、これからも極力コンビニではなくて屋台を利用しようと思います。

*これはカボチャ味でした。おいしい!
      ↓

184374_1886676684804_1178014782_32294966_7482402_n.jpg







こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

先日、新しいパスポート更新をするため、仕事の後にすぐ、日本大使館へと向かいました。
当然いつもの屋台ではお昼ご飯を食べなかったわけです。

次の日

いつもの屋台に行くと、相変わらず若いお姉さんと元気なおばちゃんが出迎えてくれました。
今日のお昼ご飯は何を頼もう・・・と迷っていると、お姉ちゃんが私の肩をたたいて一言。

「ムワン マイマー・・・」(昨日 来なかったね。。。)

よく見ると、ちょっとすねてる???
えっ、ごめんなさい。私ってそんな常連でしたか!?

「コートォナ!マイサバーイ」(ごめんね!体調悪くて・・・) と言っておきました。

意外にお店のお姉ちゃんと話したのは初めてでしたが、私のこと覚えててくれてたようです。

そこで、お姉ちゃんが極めつけの一言。

「春雨とカボチャ1人分残しておいてたのに。。。」

そう!私がだいたいいつも頼むのは、ご飯に春雨の炒め物とカボチャです。

その屋台は、あらかじめ作りおきしておく惣菜屋なので、人気のお惣菜はなくなってしまうのが早いです。

でも私の頼むお惣菜はだいたいいつも私が来る時間には残っています。

もしかして、いつも私がこれ頼むから、毎日私が来る時間までは残しておいてくれてるんでしょうかね?


とにかく、こんな一言でじーんときた私。

なんて簡単な、いいお客さんでしょう。笑

しかし、これからもこの屋台からは離れられそうにありません。










シーロムのお昼時間

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

最近、お昼ごはんに行きつけの店ができました。
シーロムにある屋台で、お惣菜を自分でいくつか選んでご飯にのせてもらうのです。

お昼時間のシーロム通りは本当に活気があります。
ビジネス街が一斉に12時からお昼休みになる為、ビジネスマンが団体でご飯を食べに出てきます。
まるで東京の新橋に似ているかな。。。
当然その時間は屋台のおばちゃん達も大忙しです。

私の行きつけのお店は、路上にテーブルと椅子があるのですが、人気で席がすぐ埋まってしまう為、見知らぬ他人との相席は毎日です。それもすごく距離が近い。。
見知らぬ人と、友達より近い距離で向かい合ってご飯を食べるのは、初めは慣れませんでしたが今はすごくおもしろいです。良い人間観察になります。

また、私がご飯を食べている間、後ろで屋台のおばちゃん達が働きながら「ミーワーンジャアアア」と叫んでいます。道行く人達に「空いてる席ありますよ」と呼びかけているんです。本当にアクティブです。

そんな私も、週6でそこでご飯を食べる為もうすっかり常連です。
たまには他の屋台でお昼を・・・とも思うのですが、顔を覚えられている為、私の顔を見るとすぐご飯をよそい始める屋台のおばちゃんをどうしても素通りできません。また、本当に美味しそうな惣菜が並んでいるため、やはり素通りできません。

困ってしまいますね。まぁ、小さな悩みですね。
これからもずっとこの屋台にお世話になっていくつもりです。






シャブシ

image.jpg

Image0151.jpg
こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

皆さん、シャブシ(Shabushi)というタイの有名なお店はご存知ですか?

いわゆる寿司と鍋の具材が回転で店内を流れている、食べ放題のお店です。

お寿司といってもカリフォルニアンロールとサーモンくらいしかないのですが、けっこう慣れると美味しいのです。
鍋の具材も豊富で、他にも餃子やデザートもあります。


私はこのお店が大好きで、今まで何度も足を運びました。

面白いのが、一緒に行く人によって食べ方に個性が見られることです。

私は、サーモン寿司と鍋の豚肉をメインに食べ続けるタイプです。

一緒に行った日本人の女の子はひたすら野菜ばかり鍋で食べていました。

あるタイ人と行った時はお寿司には全く興味を示さず鍋だけを食べ続け、

ある中国人と行った時は鍋にひたすら海鮮類を放り込み、そのスープを楽しんでいました。


とにかく、タイで大人気のお店です。
終末の夜ともなれば、待ち時間が30分は普通で、整理券が配られています。

私の今の夢は、タイで毎日シャブシに行くことです!!!







タイでの食生活

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

タイに住んで約1ヶ月がたちました。

タイの生活が毎日新鮮で楽しいため、全くホームシックにかかったりはしていません。

日本食が恋しくてしょうがないわけでもありません。

しかし1つ心配なことがあります。毎日の食事の栄養バランスです。

タイに住んでいると、1人暮らしの為自分の好きなものばかり食べてしまいます。

部屋にキッチンがない為、自炊ができません。

日本に住んでいるときは、毎日野菜ジュースだの納豆だの体に良いものを意識して食べていた為、今の生活は少し栄養バランスが気になります。

そこで私は考えました。

<タイでの栄養バランス改善法>

@積極的にフルーツをとる!(ビタミン不足はフルーツで補う)

@カオマンガイのように鶏肉+ご飯だけのメニューではなく、野菜が入ってるメニューを選ぶ

@水をたくさん飲む!(ポイントは常温で少しずつ)

@日本の豆腐納豆が食べられない分は豆乳で補う(タイは豆乳の種類が豊富です)

@体調のすぐれない時は、油こいもの、辛いものはできるだけ控える


こうして書いているうちにも、口の中に口内炎が発見されました。

インスタントラーメンの食べすぎでしょうか?

栄養バランスはもちろんですが、生活習慣も改善した方が良さそうですね。



 

 

 

 

 

イサーン料理と辛さ

1330404494.jpg

こんにちは。TLSバンコクシーロム校からお届けします。

今日はイサーン料理についてのお話です。

イサーン料理とはタイの東北地方の料理のことで、タイ料理の中で有名なソムタムも、代表的なイサーン料理の1つです。皆さんの中で好きな方も多いのではないでしょうか。

 

 

外国人からもタイ人からも愛されているイサーン料理ですが、なんといってもその特徴は独特な辛さだと思います。「イサーン料理、美味しいけど辛いんだよねぇー!」と顔を真っ赤にしながら汗だくで食べる私を見て、タイ人の友達は「バンコクではなく本場イサーンで食べるイサーン料理はもっと辛いからね」と笑います。

 

そんな私は、イサーン料理を頼むときは必ず「マイペッ(辛くしないでね)」とお店の人に念押しします。しかし、店によってその解釈は様々・・・当たり前ですが、国によって人によって「辛くない」と感じるボーダーラインは違うんですよね。マイペッと言った後に真っ赤な唐辛子がちりばめられたソムタムが運ばれてきた時には気が引けましたが。

 

最近は「マイサイペッ(辛いの入れないでね)」に言葉を変えてみた私。前よりは激辛率が減ったような・・・良い感じです。それでも「まったく辛くないのは美味しくないのよー!」と気をきかせたおばちゃんが唐辛子を少し(彼女的には少し)入れてくれたりもします。

 

そんなタイ人の優しさに包まれ、毎日少しずつでもタイ料理の辛さに慣れていければいいなと思っている今日この頃です。

 

 


はじめまして

はじめまして。TLSシーロム校でインターンシップをしている成島です。

私はタイが大好きで、タイのいわゆることに興味があります。

大学時代は、タイの私立大学に1年留学したこともあります。そして今はTLSシーロム校で、インターンシップをやらせていただいています。

これから毎日少しずつ、私がタイに住んでて感じたことや私のタイに対する思いなどを書いていきたいと思います。

タイに詳しい人も、そうでない人もこのブログを読んで楽しんでいただけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。