ドラマ

こんにちは、TLSシーロムバンコク校からお届けします。

最近ハマっていること。それは家でドラマの見比べをすることです。

私の部屋には友達に借りた古いテレビが一台あります。
それでタイのチャンネル5つほど、インドのチャンネル、中国のチャンネル、NHKworldもKBSworldも見ることができます。

最近よく見るのがタイのドラマと韓国のドラマ。

タイのドラマはタイ語の勉強にとても良いです。

韓国のドラマは下に英語の字幕がついているので理解できます。


日本ではあまりテレビを見なかった私。テレビを見たとしてもドラマはあまり見ません。

しかし、ここタイでは部屋に戻るといつもラジオ代わりにテレビをつけて音声が流れるようにしていた為、いつの間にかドラマを見るようになってしまいました。

(ここからは私の独断と偏見で書いているアジアドラマの印象です。)


☆タイドラマ
現実的にはありえない大金持ちがよく出てくる。
寝ているシーンでもメークバッチリ。頬がピンク、マスカラバッチリで布団に入る。。。
女優さんは元々はキレイな人達なのに、顔の感情表現が・・・
なぜか川やプールによく落ちます。

☆韓国ドラマ
主人公の女の人はだいたい同じキャラクター(可愛いけど困難を背負う役。)
見ていて軽くイラッとするシーン(何でそこでハッキリ言わないの?とか言いたくなる・・笑)
偶然が多いドラマ。有り得ない場所で会いすぎです。
おじいさん、おばあさんは何かショックなことがあると「アイゴー」と言ってすぐ病気になる。


こんなことを言いながら、毎日見てしまっているドラマ達。

最初はツッコミを入れながら見ていたドラマも、3回ほど見れば続きが見たくなるものです。

日本のドラマもおもしろいですが、アジアのドラマもおもしろいです。

何が一番違うかって?

感情表現豊かなんです。まぁ演技なのですが。

日本人は感情をあそこまでストレートに出すことを嫌います。

タイ、韓国ドラマ(中国、インドなども?)は怒るシーン、泣くシーンは見せ場です。

カッコイイ俳優さんも、美しい女優さんも、人が変わったような顔で怒ってくれます。

日常であそこまですごい顔をする機会がない私は、見ていておもしろいです。



タイのドラマを見ていると、音響が分かりやすいので

「ああ、ここって笑うシーンなんだー」など分かります。

それでタイ人の笑いのツボが分かったりします。


外国のドラマ。
その国の人の性格や国民性を学ぶのにピッタリの教材です。

まずは深く考えないで、毎日見てみようと思います。















他のサイト記事

エイズを苦にして「自爆」したベトナム人!

 エイズ(後天性免疫不全症候群)の原因となるHIV...

เทศกาลเซ็ตสึบุน (Setsubun Matsuri)

เทศกาลเซ็ตสึบุน จะเริ่มวั...

พระญี่ปุ่น

ญี่ปุ่นนับถือศาสนาพุทธลัน...

図書館へ向かう道

サーミットタワー10階の図書館は、ソイ21にあるの...

屋台でアヒル

花火が終わって、20時も過ぎたので、おなかがペコペ...

Foi Thong - Golden Threads

Foi Thong ( Golden Thread...

バンコクのティージョートロット (駐車場)

来タイ10年ともなれば、タイで車を運転するのはもう...

コーヒーと薬

バンコクに住んでいると人も多いし渋滞も毎日、日差し...

タイ みんなDVD大好き

タイ人って洋画大好きだし、もちろんタイ映画も好きで...

Muay Talay

Muay Talay is a Thai trad...

Religion

Religion plays a very imp...

タイのチョコレート

タイではいろいろな国の料理が手軽に試せるし、タイ料...

タイ サッカー その2

以前タイ人の男の子で付き合ってはないけど仲良くして...

都庁が無料レンタル自転車!

王宮やエメラルド寺院など歴史豊かなラタナコーシン地...

ATMという言葉の違い

 タイの銀行でATMというと、日本のそれとはちょっ...

オーストラリアが英会話需要を吸収

 9位は、オーストラリア。3,000冊前後で推移し...

バンコク首都圏最東部を見直す3

 そのザ・モールバンカピの前のラップラオ通りを東に...

タイでもドンの両替2

 両替商では、プラトゥナムのスーパーリッチ本店と、...

年明け早々アグレッシブな・・・。

年明け早々アグレッシブな喧嘩をくりひろげるカップル...

新たなソーシャルメディアの人気に押されつつある Blog

SNS内のブログでいいんじゃない?ってことでは。...

がしかし・・・

こんなニュースもあります。...