ソンクラーン休み②

こんにちは、TLSバンコクシーロム校からお届けします。

ソンクラーン休み①の続きです。

ソンクラーン2日目になりました。

相変わらず激しい水掛けが行われている為、食事はコンビニ調達か、家から徒歩15秒のクイッティオ屋さんに行くのが精一杯です。

最近のクイッティオ屋さんは、水をかけられたくない同じアパートの人達が集まって小さく身を寄せ合う憩いの場です。

そんな私達にも、とうとう避けて通れない難関到来。
その日の午後一本の電話があり、タイ人の友達に、今夜お酒を飲みに行こうと誘われたのです。

旅行中の妹にとっては、現地のタイ人と触れ合うまたとない機会。
私もそれを望んではいたのですが・・・ ソンクラーンでなければの話!

この3日間、お酒を飲む場所は一番の激戦区になります。
クラブやパブなども、この3日間だけは外で水を掛け合いながら音楽を楽しむ場所に・・・。

もう避けては通れないんですね。

友達に「・・・・ 行きます。」と伝えて電話を切りました。


その日の夜。
ほとんどノーメイクで、準備を終えた私達。
どうせ濡れるんでしょう。落ちるんでしょう。(ネガティブ)
同じアパートの日本人の友達と、約束の場所へ向かいました。

到着してすぐ、私達はこんな自分達の服装でさえ、今日のこの場所ではフォーマルすぎるのだということに気が付きました。
そこにいた人々は皆・・・・ いわば海人。(うみんちゅ)
手には大きな水鉄砲をかまえ、首からは防水加工のビニールバック。
Tシャツ短パン、そしてビーチサンダル。
私達は到底太刀打ちできません。
すぐさま家に戻り、着るものを選び直しました。

海人の格好に着替え、さぁ出陣です。

私達が行ったラッチャダーのとあるパブ街。
今日は外にプールができていました。
皆そこから水をくみ、グラスから、水鉄砲から、水かけ放題です。

心を決め、入場エントランスから友達のテーブルまで1列になって歩く日本人女子3人組。
初めは目立たないよううつむき加減で大人しく歩いていた私達。

まず最初に一番後ろの私が犠牲に。。。氷水を全身に浴びました。
あまりの冷たさに、声にならない悲鳴をあげ前の2人を押す私。
「はやく!!!はやく前行ってよーーーーーーー!!」
と、同時にパニックに陥る前の2人。
一番前は顔に水をかけられ、訳も分からず視野を失います。

もう何かのサバイバルゲームです。
何かのトラブルのときは、「押さない、駆けない、しゃべらない」が重要なのだと小学生レベルのことを体感しました。

どうにか友達のテーブルに到着した私達3人。
しかし、そこで安心できるはずもなく、友達の持っているバケツで水をかけられました。
後ろのテーブルから、前のテーブルから、遠方から。。
水が絶え間なくかかります。

最初の方は
「見て!背中がこんなに濡れちゃったよーー」などと話していた私達ですが、5分もしないうちに服で濡れていない部位を探す方が不可となりました。
髪も顔もビショビショ。水で服が重いです。
海に服を着たままとびこんで、今岸にあがったばかり、そんな感じです。

しかし、ソンクラーンを人生で何度も経験済みのタイ人。
女の人はゴーグルのようなものを装着している人もいました。
そして何より、水を頭からかけられても、全く動じずお酒と音楽を楽しんでいるのです。
タイ人強し!!

その日は外が野外ライブのようになっていて、タイの若者が大好きなヒット曲が何曲も生演奏されます。
それに合わせ、タイ人は元気に踊る踊る!飲む飲む!
そしてサビでは皆空に向かってバケツで水をとばします。
   →結果、私達の頭の上に大量の水が降ってくるわけです。

何度も氷水をかけられ寒さに震え、何度も顔に水をかけられ目が開かなくなりながらも、私達は知っている曲が流れるとタイ人の友達と一緒に歌って踊りました。
もうここまで濡れると何も恐くありません。

いや、それでもやはり水鉄砲を持っているタイ人が追いかけてくると、反射的に逃げてしまう自分がいるのですが。

こんな感じで夜は更けていきました。

その日は、家のシャワーがとても温かく感じました。

さて、ソンクラーン③に続きます。










他のサイト記事

前原国土交通相が訪越!2

 翌4日はどうしても外せない所用があったグエン・タ...

ประวัติคร่าวๆ ของโตเกียวทาวเวอร์ 1

หลังสงครามในปี 1950 ประเท...

ปราสาทมัตสึโมะโตะ

ปราสาทมัตสึโมะโตะ ตั้งอยู...

図書館

アソークのソイ21、サーミットタワーの10階には図...

ベンジャシリ公園

休みの日にBTSプロムポンの駅の近くにあるベンジャ...

Sin Sod

Sin Sod is dowry, paid by...

Must See and Must Go 13 - Chinatown

Almost everywhere in the ...

庭師ルントンサイ オクラ

トンサイおじさんです。ルンはタイ語でおじさんという...

タイのミネラルウォーター

タイではミネラルウォーターがコンビニやスーパー等で...

美容院

タイに来てから9ヶ月、美容院に行く機会がなかった。...

タイ 日本語を学ぶ日本人の子ども

私は今週に2回、子ども(中学生と小学生)に日本語を...

女の子を「オフ」するはずが、銃所持で逮捕

本当にとばっちりだったら、その不満もわかります・・...

How to stop Global Warming

Global Warming is a drama...

Yak

Huge statues of giants ca...

クリスマスイブ

今日は12月24日でクリスマスイブです。私達日本人...

タイ のんびり生活

タイ人の生活は基本的にはのんびりしている。...

タイ投資申請激増!

タイ投資委員会(BOI)が2009年に受理した外国...

糸を引かない納豆だなんて

 タイにも日本人を中心に納豆を食べる文化があります...

外国人旅行者の国籍にこだわる10

 8位にようやく、ドイツが登場します。ドイツは50...

ホームレスは違法3

 それ以前は、花売りの少女がスクンビットの歩道橋の...

モクバイ国境検問所1

 プノンペンからホーチミンシティへ出る、カンボジア...

セントラルワールド

さてさて私は・・・。...

もう山ほどあるやん。

ショッピングコンプレックス飽和状態。...